[U-NEXT]
僕のヒーローアカデミア 第1期
僕のヒーローアカデミア 第2期
僕のヒーローアカデミア 第3期
僕のヒーローアカデミア 第4期

 

 

[Hulu]
僕のヒーローアカデミア 第1期
僕のヒーローアカデミア 第2期
僕のヒーローアカデミア 第3期
僕のヒーローアカデミア 第4期
僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄

 


[dTV]
僕のヒーローアカデミア 第1期
僕のヒーローアカデミア 第2期
僕のヒーローアカデミア 第3期
僕のヒーローアカデミア 第4期

 


[dアニメストア]
僕のヒーローアカデミア 第1期
僕のヒーローアカデミア 第2期
僕のヒーローアカデミア 第3期
僕のヒーローアカデミア 第4期

 


[NETFLIX]
僕のヒーローアカデミア 第1期
僕のヒーローアカデミア 第2期
僕のヒーローアカデミア 第3期
僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄

 

 

[あらすじ]
「架空(ゆめ)」は、現実に! これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ。ことの始まりは中国・軽慶市から発信された、「発光する赤児」が生まれたというニュース。以後各地で「超常」が発見され、原因も判然としないまま時は流れる――。世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。生まれ持った超常的な力“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)が増加の一途をたどる中、同じく“個性”を持つ者たちが“ヒーロー”として敵や災害に立ち向かい、人々を救ける社会が確立されていた。かつて誰もが空想し憧れた“ヒーロー”。それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷出久(通称デク)もヒーローになることを目標に、名だたるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。しかし、デクは総人口の二割にあたる、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれだった…。ある日、デクは自信が憧れてやまないヒーローと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。友、師匠、ライバル、そして敵…。さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。

 

 

[キャスト]
緑谷出久:山下大輝
オールマイト:三宅健太
爆豪勝巳:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
蛙吹梅雨:悠木 碧
峰田 実:広橋 涼
八百万百:井上麻里奈
常闇踏陰:細谷佳正
切島鋭児郎:増田俊樹
上鳴電気:畠中 祐
轟 焦凍:梶 裕貴

 


[スタッフ]
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」)
監督:長崎健司
シリーズ構成:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
アニメーション制作:ボンズ

 

公式サイト

 

©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

 

[配信]

Hulu
dTV
dアニメストア
U-NEXT

 

 

[あらすじ]
超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、笑顔で人々を救ける最高のヒーローになることを目指して、クラスメイトたちと試練の毎日を過ごしていた。 林間合宿での敵<ヴィラン>連合による襲撃事件をきっかけに、オールマイトは宿敵オール・フォー・ワンと激突。オール・フォー・ワンを倒すものの、オールマイトは力を使い果たし、プロヒーローを引退。デクはオールマイトの意志を継ぎ、最高のヒーローになることを改めて決意する。新たな必殺技を修得したデクは、難関の「プロヒーロー仮免許取得試験」に挑戦。全国から集まったライバルたちに立ち向かい、見事試験に合格!“最高のヒーロー”にまた一歩近づいた。 そして、次なるステージは、プロヒーローの下での「インターン活動」。そこでデクは、新たな“脅威”と、新たな“使命”に出会うことになる―!

 


[キャスト]
緑谷出久:山下大輝
通形ミリオ:新垣樽助
爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
轟焦凍:梶裕貴
切島鋭児郎:増田俊樹
蛙吹梅雨:悠木碧
八百万百:井上麻里奈
天喰環:上村祐翔
波動ねじれ:安野希世乃
オールマイト:三宅健太
サー・ナイトアイ:三木眞一郎
ファットガム:興津和幸
死柄木弔:内山昂輝
オーバーホール:津田健次郎
壊理:小林星蘭

 


[スタッフ]
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
総監督:長崎健司
監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:黒田洋介(スタジオオルフェ)
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
アニメーション制作:ボンズ


公式サイト


©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

Showing all 2 results